トップページ / コラム / 【2024年】ホームページ制作に使える補助金や助成金を制作会社が解説

【2024年】ホームページ制作に使える補助金や助成金を制作会社が解説

松本佳久

ブランドマネージャー

松本佳久

2024年2月9日

2024年からIT導入補助金ではECサイトが対象外となったのはご存知でしょうか?

その一方で、その他の補助金や助成金が数多く存在します。

今回はホームページ制作に使える、補助金や助成金の解説を行います。

2024年版、ホームページ制作に使える補助金と助成金

2024年のホームページ制作に使えそうな補助金や助成金をご紹介いたします。

事業再構築補助金

条件は「新規事業に取り組む事」補助率2/3で補助金額の上限は最大1億円です。

ポイントは受給額が大きく、対象経費も幅広く様々な設備投資やシステム開発。

そして、もちろんホームページ制作費用も広告費として対象経費になります。

業務改善助成金

条件は「業務改善の設備を導入+最低賃金を30円上げる事」補助率9/10で補助金額の上限は最大600万円です。

ポイントは補助率の9/10という圧倒的な補助率の高さで、もちろん広告費としてホームページ制作も補助対象になります。

補助金・助成金の活用メリット

補助金や助成金のメリットはもちろん「経費に対する補助」です。

特に今回紹介している「事業再構築補助金」と「業務改善助成金」は補助率が高く、大きな事業投資や施策に発生する用を半分以下の経費で実行する事が可能です。

補助金・助成金の活用デメリット

補助率が高く魅力的な一方で、補助を受けるにはクリアすべき条件が存在します。

事業再構築補助金の条件

まず「新規事業に取り組む」と言葉で言うのは簡単ですが、非常に大きな決断であり非常にハードルが高い。

これからも既存事業で活動する企業様が大半だと思いますので、実際にこの補助金を活用できる企業様は僅かになるでしょう。

業務改善助成金の条件

条件の一つである「最低賃金を30円上げる」と言う部分をクリアさえすれば比較的簡単に活用できる助成金です。

ただ賃金引上げの対象は「雇用されている社員」が条件で、いわゆる経営者は対象にならないので注意してください。

その他にも引上げ金額に様々なコースが存在し「引上げ額が大きいく、引上げる人数が多いほど」補助金額が大きくなります。

徳島県企業「補助金・助成金の活用実績は30件」以上

弊社はこれまで「小規模事業者持続化補助金」や「IT導入補助金」など様々な補助金を活用し、徳島県企業で30件以上の実績があります。

補助金や助成金を活用して、賢くホームページを作りたい方はコチラからお気軽にご相談くださいませ。

補助金を賢く利用してホームページを充実させよう

コロナ禍以降、様々な補助金や助成金が存在し今現在も活用可能です。

その一方で年々ホームページに使える補助金や助成金は減少傾向にあります。

なので今現在ホームページ制作やリニューアルの実施を迷われている企業様や店舗様は、この機会に思い切って賢くホームページを充実するのも1つかもしれません。

補助金・助成金を活用しホームページ制作を検討されている方はコチラから相談ください。

松本佳久

ブランドマネージャー

松本佳久

WEB制作会社カンマンにて10年間WEB制作現場にて制作事業に従事。 その後、ディレクターとして徳島県内のWEBプロジェクトを中心に200件以上担当。 SEOライティングによる集客や戦略策定から解析ツールを活用したホームページの改善やリニューアル、ブランディングを中心に活動中。